手作りのショコ・マントゥ

a0303951_19142283.jpg
スイーツ好きの方なら「あれ?これはもしかして!」

そうです。イルプルーシュルーラセーヌの「ショコ・マントゥ」です。

弓田享氏の哲学に惹かれ、本を読み漁り、独学でいろいろ実践してきた主人でしたが

ご自宅でお菓子教室「アトリエ粉うさぎ」を主宰されている師範のとみのさんに

教えていただきながら主人が初めて作ったショコ・マントゥ

英語だとチョコレート・ミント。聞いただけで爽やかな気分になります。

ミントというと夏のイメージですが、四季を問わずいただける

チョコレート好きにはたまらないお菓子と思います。

とみのさんの美しいお菓子に魅了され、そのご縁で貴重な機会をいただいて、

丁寧に教えていただきながら主人の作ったショコ・マントゥは

驚くほど美味しくて涙が出るほどでした。

良い師匠に巡り合うということがいかに大切かということを

主人の経験を通して学ばせていただきました。

お人柄って本当に大切ですね。

真ん中の白い部分がミントのババロアで、その上下にはムースショコラ。

一番下がショコラのジェノワーズ。上に降りかかっているのはココアパウダー

ひとつひとつの層をそれぞれ丁寧に作る工程を聞いただけでも

私なんて気が遠くなりそうですが、それを楽しそうに話す主人の顔がまるで少年のよう

完成までに二日間かかるということと、もちろんイルプルですので

どの材料もこのショコ・マントゥを完璧に作るために選び抜かれたものばかりで、

店頭で販売されている価格では割に合わないと思ってしまいます。。。

a0303951_19154840.jpg
主人が何年も前から愛読している弓田氏の著書はもうボロボロ・・・

この中から次はどんなお菓子を作ってくれるのでしょう♪




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
by MAISONTIQUE | 2014-09-23 23:00 | お菓子