コパンが旅立ちました

a0303951_09303279.jpg

最愛の息子 プレーリードッグのコパンが
7月16日旅立ちました。
9歳でした。


たくさんの持病も持つ小柄なコパンでしたが
どんな時も一生懸命がんばる姿をずっと
私たちに見せてくれました。
一時は回復してくれましたが、すべての持病が悪化して
もうがんばらなくていいよ、無理しなくていいよと
コパンに何度も伝えたけれど
さいごのさいごまで一生懸命なコパンでした。


食べれない飲めないはずなのに、旅立つ前日に
大好きなコーンをむしゃむしゃ食べて
麦茶もごくごく飲んでくれました。
コパンすごいね。
どんな時もがんばったね。
生命力の凄さを、あきらめないことを身をもって
わたちに教えてくれました。


朝起きてから寝るまで
シャワーを浴びる時も
お部屋を離れる時も
エアコンのスイッチを入れる時も
コパンがすべての中心だったから
あなたのいない世界はとても寂しい。
小さいのに存在感大だったコパン
コパンのいない世界に慣れるまで時間がかかりそうです。


かわいいコパン
私たちの子供でいてくれてありがとう。
元気なからだに戻って、美味しいものたくさん食べて
みんなとたっぷりかけっこして遊んでね。
そしていつかまた一緒に暮らそうね。
ありがとう









いままでコパンのことをご心配いただきまして
大変ありがとうございました。
勇気と元気と癒しをいただいて
これまでがんばることができました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

誠に勝手ですが
供花や供物などすべて辞退しておりますので
お気持ちだけありがたく頂戴いたします。
大変申し訳ございません。
皆さまのお気持ち心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございます。